手染めの特徴

1.デリケートな風合いの生地加工が得意です。


ファッション性の大きな衣料品。

  • 手織り布
  • 大麻繊維
  • バルキー性の大きなニット生地
  • 甘撚りの糸
  • アタリの大きな生地
  • 機械ではダメージが大きすぎる衣類など

手洗い・もみ洗いが必須のこだわりの衣料品にピッタリです。

ダメージが少なく、昔ながらの味のある商品企画・商品開発を手染めでサポートしています。

2.衣料品企画で重要な縮率が安定します。


衣料品企画では、縮率は重要な意味を持ちます。

  • 思ったサイズで上がらなかった。
  • ダメージが大きすぎて風合いが変わってしまった。

など、どうしても機械加工では本当に繊細な部分に手が届かないことが多いのではないでしょうか?

職人が一枚一枚丹精込めて、仕上げています。

一般的な洗いにかけた縮み程度の縮率で安定的しています。

3.色に対する奥行きが違います。


手染めならではの特徴として、色に対する考え方が機械と違います。基本的に、機械ではどうしても均一に染まってしまいます(そもそも均一染めるために機械化しているので当然といえば当然ですが。)

手染めの色の特徴として、

  • 一色の中の濃淡の表現したい。
  • ランダムに濃淡を出したい。
  • 昔ながらの草木染めを依頼したい
  • 揉み込んで染めたい
  • 洗い晒ししたような生地感がほしい。

このようなご要望をお持ちの方は是非一度、お問い合わせ下さい。

WorkStyle


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。