代表メッセージ

「今の時代にあった形の染物屋の形を作りたい」と思い続けて、約10年が過ぎました。
繊維産業にかつて存在した活気のある雰囲気は消滅し、2021年現在、繊維製品は、約98%以上が海外生産になりました。

しかし、一概にも海外に仕事がいったから、活気がなくなったと言い切れるのでしょうか?
業界全体として、良かった時代の雰囲気に固執したあまり、時代のニーズに合ったサービスの形を生み出せなくなっていたような気もします。

着物の世界では、すでに、失われた手仕事の世界は多数あります。また絶滅危惧のような加工技術も多々あります。
また、日本の繊維加工工場が得意としてきた品質管理・データ管理の技術伝承もお年を召した方に支えられている現状で若い人には継承できていないように思えます。

今一度、今までのやり方を総点検し、真に時代に合った形のやり方を探るべきではないでしょうか。

そこで、当工房の行動理念は、
「伝統的な着物作りに使われてきた手工芸の加工技術と工業的なデータ管理による量産加工技術を組み合わせ、お客様と共に、令和の時代に合った形の商品開発・商品作り・サービスの開発を行うこと」とします。

日本全国の各繊維産地の若手職人や独自の世界観を持つ新興アパレルブランドなどとパートナーシップを結び、当工房ならではの繊維加工技術と真剣に向き合い、新たなサービスを創造・提供し続けます。

今後ともご贔屓いただけましたら幸甚です。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。