皮革製品の染リペア

革染め修理とは?

バッグや財布などの革製品は、

表面の”黒ずみ”、”色あせ”や”細かいキズ”、”よごれの付着”に”角が擦れ”など、日頃から愛用しているとどうしても発生してしまいます。

また、雨の日などにはバッグが濡れてしまい”雨ジミ”が発生してまう事もあります。

加えて、日頃使わないのでクローゼットなどにしまっておいたカバンを久しぶりに使おうと出したら”カビ”が発生していたなんて事もあるのではないでしょうか。

当工房では、そんな革製品を染直しクリーニングで、蘇らせるお手伝いをしています。

クリーニングではなく、染直しをおすすめする理由

当工房に、「バッグや財布が汚れてしまったのでクリーニングで済ましたい」とご要望頂くことがあります。

クリーニングができるかと聞かれれば、結論から言えば、革製品でもクリーニングは出来ます。

ですがクリーニングした事で「綺麗になるのか?」と言えば、これが「やってみないとわからない。」としかお応えしようがないのです。

革製品に悪影響を与える程の強い洗剤で洗う訳にはいかないので、影響が出ない程度の洗剤で洗う為、綺麗に直すためには、染直しがBESTと思って頂いた方がいいかと思います。

本来、革は動物の皮を加工して作られた物であり、鞣す事で作られる革は鞣す前の皮とは異なり、水分に弱くなっています。

その為、雨にぬれたりすると”雨ジミ”が発生したり、更にひどくなると革の質感も変わってしまう事があります。

バックや財布は、本質的に濡れる事を前提に作られていないです。

その為、革製品の表面を綺麗にしたいというご要望の時には、当工房ではクリーニングではなく革染め修理をお勧めしています。

革製品染直し修理工程

1.油性クリーニング

お預かりした革製品の表面に付着しているホコリやカビなどを特注の油性の洗剤を使用して除去する。

2.マスキング(防染)加工

革と糸の色やコバ部分の色が異なる場合は、糸やコバ部分が染まらないように手作業にてマスキングを施し、防染します。

3.染色

当工房では、革製品専用の特殊染料を調色・調合し、着物などで使われる独自染色技術で色艶を復活させます。

染加工技術の紹介

日焼けなどによる色あせてしまった革製品をできる限り元色に復元させる加工になります。

また、元色を塗り重ねたとしても、革の状態・種類などによっては、風合いが変わってしまうため、色合いが変わってしまう事がありますので、ご了承下さい。

染直し加工

色あせたり、汚れてしまった革製品の色を濃い黒系の色で上塗りを行います。黒、焦げ茶、濃紺をお勧めしています。

ファスナーの布地部分や内張りが薄い色の場合、黒色に染め替えた場合、縫い目などから黒の染料がにじみ出てくることがあります。

染替加工

革製品は使っていくうちに、だんだんと表面の艶が失われていきます。そのような状態の場合に、革に栄養を与え、艶を取り戻します。

クロコダイルやリザードの艶出しや、普通の革もツヤ出しの加工を施すことができます。

もちろん、マットなお仕上げも可能です。

艶出し加工

加工実績

CHANEL、HELMES、LOUISVUITTON、CELINE、DIOR、PRADA、FENDI、LOEWE、SAINTLAURENT、BOTTEGA、VENETA、BALENCIAGAなど。

LOUISVUITTON財布の艶出し加工例


今まで愛用してきた大切な革製品
今までの時代でしたら、捨てて新しい物を購入すればいいと思うかもしれませんが、

令和の時代は、声だかに叫ばれている『SDGS・エコ』の時代
これからの時代、キーワードは『モノを大切に使うことで、いらないモノを作らない・買わない』です。

新品と同じくらいの修理代なら、新品に買い替えるというのではなく、

今まで使ってきた革製品へのご褒美も含めて、

綺麗に染直しリペアさせて、新たな相棒として使い続けてみませんか?


染リペア


検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。